制作協力作品

カワサキテレビが制作に協力している映像作品の一例をご紹介します。

In Unity 2021 PR動画

In Unity、通称「インユニ」は、川崎市中原区とボランティアスタッフが主催する、アマチュアミュージシャンとダンスチームによる、音楽のお祭りです。2020年11月に、等々力陸上競技場を貸切って、5団体の演奏の収録を行いました。そのダイジェスト版となるPR動画をご覧ください。
<出演>和太鼓祇園、ユニサイクルのがわ、KOSUGI Jewels、GABU、大西学園中高等学校吹奏楽部、橋本聖子(MC)、ふろん太(川崎フロンターレマスコット)、かわさきミュートン(「音楽のまち・かわさき」推進協議会のマスコットキャラクター)
<撮影・編集>カワサキテレビ 伊藤幸晴 草野美加 神保正人
<ドローン撮影>小林亨(中原区役所地域振興課)
<音響・照明>NPO法人 カワサキミュージックキャスト 松井望 大熊龍樹
<協力>カワサキまるこ中原区役所道路公園センター 等々力陸上競技場
    かわさきフロンターレ
<後援>「音楽のまち・かわさき」推進協議会
<スタッフ>小川竜児 反町充宏 白川歩 柴田茂明 中田一昭 米島克之進 荒金政孝 臼井教子 加味根亮子 黒川優美子 小堀健一
<企画・制作>In Unity2021実行委員会中原区役所地域振興

かわさきジャズ2020 ジャズアカデミー(全4回)

Stay-with-musicかわさき 「花火〜音楽のまち・かわさき~」

川崎のリモートコラボ「花火〜音楽のまち・かわさき2020~」の公開にあたり、川崎市長の福田紀彦様よりメッセージをいただきました!アーティストやファンに向けた、とても暖かく勇気付けられる内容です。福田紀彦市長、本当にありがとうございます!
撮影:カワサキテレビ(2020年8月制作)

 川崎にゆかりあるアーティストの中から選ばれた65人によるリモートコラボ動画です。新型コロナウイルスの影響により、音楽・芸術分野の活動の機会が大幅に減少し、多くのアーティストが苦境に立たされています。芸術活動を強制的にストップされるということは、収入面の負担だけでなく、アーティストとして創作活動に取り組むうえで欠かせない“ココロ”の部分にも暗い影を落とす原因の一つにもなっています。
 そんなアーティストたちの協力で出来上がったリモートコラボ映像です。この音楽と映像に何かを感じて頂けましたら、川崎で活動するミュージシャン、そして川崎の音楽シーンをサポートする方々を支援する為に投げ銭募金をお願いします。(2020年6月制作)

※ 寄付に関する詳細はカワサキミュージックキャストのホームページをご覧ください。

音楽のまち・かわさき「平和公園コンサート」

2020年6月21日(日)川崎市中原平和公園「野外音楽堂」で開催された「平和公園コンサート」のようすです。コロナの影響でコンサート活動が自粛されていましたが、コロナ対策をきちんと実施すればコンサートが開けることの確認も含め、実験的に開催しました。

※「コロナ対策とインタビュー集」(約10分)も是非参考にご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=usxs9…

<演奏曲>
1. 「魔女の宅急便」より「海の見える街」
2. オリンピック応援メドレー
3. チャルダッシュ
4. かもめが翔んだ日
5. 坂本九メドレー
6. ハンガリー舞曲
7. 勝手にシンドバット(アンコール)
出演:Lilia(神山里梨Vn、門倉茜Vn、中山亜利沙pf)
司会:橋本聖子
主催:NPO法人カワサキミュージックキャスト
後援:「音楽のまち・かわさき」推進協議会
撮影:カワサキテレビ

Art for you「ヴァイオリニスト・大谷康子さん」

川崎市民のみなさまへの応援メッセージ&ヴァイオリン演奏

COLOR_BAR_カワサキテレビ360x203

新型コロナウイルスの感染拡大により、文化イベントが中止・延期になるなど、川崎市内の文化芸術活動にも影響が広がっています。 このような状況の中、本市にゆかりのある方々から、市民のみなさまにメッセージやパフォーマンスをお届けいただきました。 「歌うヴァイオリン」と称され国内外での温かい演奏を博し、毎年、市内の学校への訪問演奏も行っているヴァイオリニスト・大谷康子さんから、市民の皆さまにメッセージとヴァイオリンの演奏を届けていただきました。「感謝(抒情小品集より)(作曲:グリーグ)」、「上を向いて歩こう(作曲:中村 八大)」

Art for you「ピアニスト・小原孝さん」

川崎市民のみなさまへの応援メッセージ&ピアノ演奏

COLOR_BAR_カワサキテレビ360x203

新型コロナウイルスの感染拡大により、文化イベントが中止・延期になるなど、川崎市内の文化芸術活動にも影響が広がっています。 このような状況の中、本市にゆかりのある方々から、市民のみなさまにメッセージやパフォーマンスをお届けいただきました。 市内をはじめ全国の演奏会に積極的に出演され、東日本大震災復興支援「逢えてよかったね友達プロジェクト」などボランティア活動も積極的に行っているピアニスト・小原孝さんから、市民の皆さまにメッセージとピアノの演奏を届けていただきました。 ピアノ演奏「いのちの歌(作曲:村松 崇継)」

「音楽のまち・かわさき」紹介動画

COLOR_BAR_カワサキテレビ360x203

「音楽のまち・かわさき」を3分間にまとめた紹介ビデオです。川崎市で音楽活動しているすべての皆さんを応援します。(2018年3月制作)

音楽のまち・かわさき「アジア交流音楽祭2019」告知CM

毎年4月に川崎駅周辺8か所の特設ステージで開催される、音楽のまち・かわさき「アジア交流音楽祭2019」の告知CMです。川崎駅東口で同時開催される「アジアンフェスタ」も大人気!テレビ神奈川(tvk)で放送中。(2019年3月制作)

JAZZ JACK DAY! 2019

COLOR_BAR_カワサキテレビ360x203

「川崎駅周辺11会場をかわさきジャズでジャック!パレードでまちがジャズに染まる!」をキャッチフレーズに、2019年11月16日(土)に開催されたJAZZ JACK DAY! パレードを中心に、親子で楽しめるイベントやライブの様子の一部をダイジェスト動画(約9分25秒)にまとめました。全部紹介できず、残念です。。。 ワークショップで手作り楽器やアクセサリーを作って、コンサートやパレードに参加していただいた皆さん、ありがとうございました!

Yuki Arimasa Quartet JAZZ LIVE

COLOR_BAR_カワサキテレビ360x203

かわさきジャズのプレ・イベントとして、2019年10月26日(土)に、川崎市国際交流センターにて開催された、川崎市-ボルチモア市姉妹都市提携40周年記念「Yuki Arimasa Quartet JAZZ LIVE」のダイジェスト動画です。 演奏は、洗足学園音楽大学ジャズコース教員による名手の共演。聴きごたえと見ごたえのある 姉妹都市提携40周年を盛り上げるスペシャルなライブ。 <出演> ユキ・アリマサ(ピアノ) 原朋直(トランペット) マーク・トゥリアン(ベース) デニス・フレーゼ(ドラムス)

音楽のまち・かわさき「アジア交流音楽祭2018」告知CM

毎年4月に川崎駅周辺8か所の特設ステージで開催される、音楽のまち・かわさき「アジア交流音楽祭2018」の告知CMです。川崎駅東口で同時開催される「アジアンフェスタ」も大人気!テレビ神奈川(tvk)で放送中。(2018年3月制作)

※ 港北テレビ・港北ふるさとテレビ局の映像作品は、港北映像ライブラリをご覧ください

港北映像ライブラリアイコン2